2013年07月16日

独学の孤独感は誰もが一緒

独学とは字に書いたとおり、独りで学ぶことです。
すべては自分の判断での勉強になるので、この孤独感に耐えられない人もいます。
たとえば英会話学校などに通って英語を勉強する場合、講師がいたり、一緒に学ぶ人がいたりと孤独感は少なからず緩和されるものです。
しかし、ここには問題があり、人から教えてもらう、人と一緒に学ぶということをしていると、いつまでたっても人ありきの自分になってしまうものです。
この弊害、最大の弊害は自分で考える癖や調べる癖、問題を解決する能力が身につかないことです。
このような学習習慣が身につくだけで英語の学習は上達が早くなります。
だから独学で感じる孤独感に打ち勝っていくことは自分のためになります。
このような勉強マインドが出来上がればそれからの学習はまるでエスカレーターに乗ったかのように勝手に進んでいくものです。
独学の孤独感は誰もが感じるところです。
それを乗り越えることに意味があると思います。
posted by ユウタ独学 at 14:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

進化させる

一人で英語を勉強していると日を重ねるごとに自分の学習スタイルができてきます。
このスタイルができると慣れてきて、どんどん学習が速くなります。
自分はなんて調子がいいのかと感じることができます。
しかし、こういうときこそ要注意です。
英語というのは筋肉と似ていて、いつも同じことをしていると、苦手な部分が出てきます。
筋肉もいつも使っている筋肉は強くよく動くのですが、いつも使っていない筋肉は弱くてちょっと動かすと筋肉痛になってしまいます。
英語は自分の学習スタイルができてそれで効果があるとそればかりになってしまい、最近英単語の練習をしていないな、文法書なんて久しく見ていないなということを忘れてしまいます。
習いにいっていれば自然とバランスのとれた学習をすることができるので問題ないのですが、独学の場合はこの心配があります。
1つの学習方法に固定することも依存することもやめましょう。
常に進化を求めていろいろな学習方法にトライしていきましょう。
英語は総合的に学習した方がうまくなります。
1つのことばかりしているとそれのプロになれるかもしれませんが、他のことはいつまでたっても未熟ということがありえるので注意が必要です。
posted by ユウタ独学 at 19:12| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

今のペースは適切か

独学で英会話の勉強をしていくと、独学ゆえに自分で自分を管理していかないといけません。
実は英語以上にこの管理能力が難しいとも私は感じています。
1日単位でものごとを見ていけば、人間というのはしっかりした学習ができます。
しかし、これが1ヶ月単位や1年単位となるとそうそう簡単に自分を管理して勉強を続けていくことはできないものです。
単純に自分に厳しくということができる人ならばまったく問題はありません。
しかし、現実を考えるとそうでない人の方が多いと感じています。
何かしら自分に言い訳をして学習から逃げてしまうものです。
いつもそうでなくても必ずそのようなときがやってくるものです。
こんな時は自分の学習ペースを見直すようにしましょう。
頑張りすぎで過剰にやっているため疲れが生じて続けることができていない場合があります。
逆にペースが遅すぎて上達を感じられないためにやる気が出ないケースもあります。
いずれにしてもペースが不適切ということで間違いはありません。
今一度自分にとって最適なペースを見つけるように見直しをかけることをおすすめします。
posted by ユウタ独学 at 14:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。